【11月21日】千駄木小OHP「多文化共生の島創り」

世界の子供たち

「文化紹介や国際交流だけで終わらない、多文化共生社会の担い手育成のための国際理解授業を」という問題意識を共有した学校・NPO・専門家が連携して「留学生と子どもたちの協働型」国際理解授業のプログラムづくりに取り組んでいます。
11月21日と12月3日は文京区・千駄木小学校にて、国際理解授業「留学生と創る多文化共生の島」という授業を行いました。参加した留学生から「子どもたちには、いろいろなことを勉強して、将来いい大人になってほしい。自分も負けないように勉強して、共に平和な世界をつくりたい(タイ・女性)」とコメントができるなど、双方にとって良き学びと成長につながったようですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る